火事に強い

木ずり下地に『瀬戸漆喰』を塗った壁で、防火構造などの国土交通省大臣認定の位置づけを持っています。
法22条区域内の3階建て以下の住宅の延焼のおそれのある部分の外壁は、準防火性能の外壁(屋外側:木材張り、屋内側:瀬戸漆喰塗り)、準防火地域内の2階建て以下の住宅の延焼のおそれのある部分の外壁には、防火構造の外壁(屋外側:瀬戸漆喰塗り、屋内側:瀬戸漆喰塗り)とすることで、木材や瀬戸漆喰仕上げにできます。さらに、2階建て以下の大規模木造や、準防火地域内の3階建て住宅など、準耐火建築物が求められる場合にも、準耐火構造の外壁(屋外側:瀬戸漆喰塗り、屋内側:瀬戸漆喰塗り)、間仕切壁(両面:瀬戸漆喰塗り)とすることで、瀬戸漆喰仕上げにすることができます。準防火性能(外壁)、防火構造(外壁)、準耐火構造(外壁、間仕切壁)の3つの国土交通大臣認定を取得予定のため、設計する建物の防耐火要件に応じて使い分けることができます。

 
スクリーンショット 2020-09-04 16.12.34.png
 
 

準防火性能(外壁)

 

防火構造(外壁)

 

準耐火構造(外壁・間仕切り壁)

 

 

0823 84 0800

  • Facebook
  • Instagram

©2020 by 株式会社瀬戸漆喰本舗。Wix.com で作成されました。